誰にでもトレーニング次第で記録を伸ばせることが魅力の円盤投げですが、それでも『向いている人』というのは存在します。

よく円盤投げをしている選手を見て、
「あの人は身長が高いから有利だよなぁ。」
と言っている人がいます。

これは少し間違っていて、背が高いから有利なのではなくて腕の長さがより長い方が円盤投げには有利なのです。

その理由は、円盤投げでいつも重要だと言われている遠心力にあります。

円盤投げ選手はこの遠心力をより大きくするために重心移動を行ったり体幹を強化したりするわけですが、
「遠心力ってそもそも何だっけ」
という方もいらっしゃるはずです。

ここでは円盤投げを科学的に解説していきたいと思います。

物理の原理を知ると、円盤投げでどういった点に気を付けて練習すれば良いのかが分かります。
少々難しいかもしれませんが、理解して円盤投げの上達に繋げましょう。


1.遠心力とは。腕が長い方が円盤投げに有利な理由

それでは、円盤投げに重要な力である遠心力とは何かについてお話ししたいと思います。

遠心力とは、簡単に言うと『回転している物体が外に向かおうとする力』です。

遠心力を式で表しますと、
F = mrω^2
(F:遠心力、m:質量、r:中心と物質までの距離、ω:回転スピード)
となります。

これを円盤投げに置き換えますと、
(遠心力) = (円盤の重さ)×(回転の軸の中心から指先までの距離)×(回転のスピード)^2
となります。




円盤の重さはそれぞれ性別や年齢によって規定がありますから、円盤投げを上達しようと思うと、『回転の軸の中心から指先までの距離』をより長くすることと『回転のスピード』をより速くするということが重要になるということが良くわかると思います。

ここで、『回転の軸の中心から指先までの距離』を決めるものは何か、となった時に単純に最初に上げられるのが腕の長さとなるわけです。

ですから、腕の長い円盤投げの選手ほど遠心力の恩恵を受けやすい、ということになります。


2.円盤投げには腕の長さだけが重要?

ここで注意しなければならないのが、円盤投げを物理の方程式に当てはめたときに『回転の軸の中心から指先までの距離』としたことです。

そう、『腕の長さ』ではないのです。

腕が長い選手は確かに有利ですが、回転軸の中心からより遠くで円盤を持ち回転することこそが重要なのです。

そして、それを可能とするのが重心移動とバランスということになります。

ですから、
「腕が短いかも・・・。」
と、悲観は決してしないでくださいね。

また、『回転のスピード』が2乗されているということにも注目してほしいと思います。

つまり円盤投げ選手がいつも『重心移動』『回転スピード』『バランス』という3点を注意している理由は遠心力という力を最大限に活かすため。

これこそが、円盤投げを上達させる肝であり命題であると言えます。