小柄な選手が大柄な選手に勝るためには、優れた技術力のほかに円盤投げに適した体力があるかどうかが重要なキーになります。

それでは円盤投げ選手に求められる体力とは何でしょうか。

ここでは、円盤投げ選手に求められる体力とそのトレーニング方法についてお話したいと思います。


1.円盤投げ選手に求められる体力とは

早速ですが、円盤投げ選手に求められる体力とは何でしょうか。

最も重要なのは、瞬発力のある下半身の筋力です。

円盤投げの記録を左右するものに、円盤をリリースする時の速度があります。リリース時の速度を上げるためには、リリース前の体の起こしをスピーディーにすることが重要になります。

また、ターンの回転スピードを上げるためにも下半身の筋力は重要な役割を果たします。あとはそれを支えるための体幹の筋力があれば円盤投げの記録はぐっと伸ばすことが出来るでしょう。

いかに瞬発力のある下半身の筋力を育てるのか、ということこそが円盤投げ選手がまず行うべき体力づくりなのです。


2.円盤投げに必要な体力を向上させるトレーニングとは

円盤投げに求められる体力を向上させることで、円盤投げはより上達をしていくことでしょう。

円盤投げ選手に必要な体力は、ウエイトトレーニングをすることで効率よく鍛えることが出来ます。

円盤投げ選手のトレーニングにおすすめのウエイトトレーニングは、
・ベンチプレス
・スクワット
・ハイクリーン
・デッドリフト

です。

これらのトレーニングのやり方につきましては『円盤投げが上達するウエイトトレーニング』に詳しく書いてありますので、参考にしてください。




ここで一点注意をしておきたいのが、ウエイトトレーニングのスピードです。

瞬発力が重要な円盤投げにおいて、ゆっくり、じっくりとウエイトトレーニングを行っていくことは円盤投げ選手にとってはあまり効果的ではないトレーニングになります。

より重たいものを持ち上げるというウエイトトレーニングの方法よりも、持ち上げることが可能な重さのバーベルをキレのある動作を意識しながら行うトレーニングの方が、瞬発力を鍛えることが出来るのです。

また、ウエイトトレーニング以外にも、瞬発的な下半身の筋肉をつけるのに適したトレーニングがあります。

それが、意外かもしれませんが、立ち幅跳びです。

思いっきり跳躍をすると、瞬間的に下半身の筋力を最大に発揮させることができます。ですので、実は円盤投げ選手の下半身を鍛えるためにはジャンプという運動がとても効果的なのです。

事実、円盤投げで高記録を出せている選手ほど立ち幅跳びの記録が高いということがわかっています。

また、冬季のトレーニングなどを利用して坂道トレーニングを行うのも良いでしょう。坂道ダッシュやスケータリングなどは、かなり足腰の筋肉を鍛えることが出来ます。


3.円盤投げ選手に求められる体力のまとめ

ここでは、円盤投げ選手に求められる体力とそのトレーニング方法についてお話ししました。

円盤投げの上達に欠かせない体力とは、ずばり足腰の筋肉です。

このトレーニングにはスピードとキレを意識したウエイトトレーニングや渾身の力でジャンプをする立ち幅跳び、坂道トレーニングなどが有効です。

しっかりした足腰の筋力をつけるだけで、円盤投げの記録はぐんぐん伸びていきますので、それを楽しみにトレーニングに励んでいきましょう。