アスリートにとって、運動前にウォーミングアップをして競技や練習を行い、最後にクールダウンをするという流れはとても重要です。

ウォーミングアップやクールダウンは怪我の予防や自らのコンディションを高めることにも有用だからです。

それは、円盤投げ選手ももちろん同じです。

ここでは、クールダウンの主流の方法、ストレッチについてその重要性をお話ししたいと思います。


運動後のストレッチの重要性

運動後のストレッチ。「面倒だ」と思っていないでしょうか。

確かに、ストレッチには鍛えている実感も湧かないですし、意味があるのかと感じてしまうのも無理はないのかもしれません。

限られた時間の中でしか練習が出来ない学生さんは特に、ストレッチよりも円盤投げの練習に時間を割きたいと思うことでしょう。

ですが、ストレッチにはとても重要な効果があるのです。

それは、
・疲労の回復を早める効果
・筋肉をケアする効果
・心臓を落ち着かせる効果

というもの。

これら3点の効果について具体的に見ていきます。


1.疲労の回復を早める効果

運動をした後には乳酸がたまり、体は疲れを訴えることになります。

そういった時にストレッチを行うことで血行が良くなり、疲労物質を流してあげることが出来るのです。

疲れがない方が、当然パフォーマンスは上がります。

円盤投げのターン練習や投擲練習は、短い時間にどれだけ集中して思い通りに体を動かすかという点にあると思います。

次の日に良いパフォーマンスで練習に臨めるように、運動後はストレッチを行って疲れをその日のうちに取っておくようにしましょう。





2.筋肉をケアする効果

円盤投げや走り込みといったトレーニングだけではなく、筋肉が損傷した状態になっている筋トレの後にもストレッチは重要になります。

実際に筋トレ後のストレッチありとなしを比較してみると良くわかると思うのですが、筋肉の超回復にかかる時間がかなり違ってくるのです。

ウエイトトレーニングの後などは、3日程度筋肉痛があるものだと思いますが、入念なストレッチを行うと筋肉痛はわずか1日2日で終わってしまいます。

超回復のスパンは筋トレの組み立てを考える上での重要な要素です。スパンが短ければ短いほど更に筋トレを行え、筋力を増やしていくことが出来ます。

太ももや腰など、超回復に時間がかかる部位の筋力が必要になる円盤投げ選手だからこそ、筋トレ後にストレッチを行うか否かで円盤投げ上達のスピードは変わってくるのです。


3.心臓を落ち着かせる効果

運動後のストレッチには心臓を落ち着かせる効果が認められています。

心臓が激しく動いた後そのままにしていては、心臓に負担がかかったままの状態になります。そうすると、心臓の病気や立ちくらみの原因になりかねません。

運動後にはゆっくりと落ち着いてストレッチをし、心臓を休ませてあげましょう。


まとめ

ここではストレッチの重要性をお話ししてきました。

ストレッチは血流を良くすることで疲れや筋肉の損傷を回復させたり心臓を落ち着かせたりする効果があると言われています。

運動後のストレッチを利用すると、円盤投げの練習効率がとても良くなります。

練習効率が良くなるということは円盤投げの上達がスムーズになるということです。

「たかがストレッチ」
と侮ることなかれ、ですね。

面倒と思わずに、ちゃんとストレッチをしてから練習を終わりにするようにしましょう。