円盤投げをしていて、
「手で投げている」
と注意されたことはありますか。

もし、このような注意をされたといたら、早急にフォームを改善した方が良いでしょう。

ここでは円盤投げを手で投げないことが重要な理由と改善するポイントをお話ししていきます。


1.円盤投げを手で投げてはいけない理由

「円盤投げを手で投げている」
と言われ、
「円盤投げは手を使うんじゃないの?」
と不満に思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

この言葉は、正しくは
「全身を使って投げていない」
という言葉に置き換えられます。

どういうことかと言いますと、円盤投げは、遠心力を利用して飛距離を伸ばす競技です。

遠心力は回転の中心からの距離にかかってくるわけですから、肩から先しか使っていない『手で投げている』状態ですと、その分飛距離は短くなってしまいます。

また、円盤投げは上半身と下半身の“ひねり”の力で更に距離を伸ばすことが出来るのですが、肩に力が入っているとこの“ひねり”の力を殺してしまうことになります。

ですから、円盤を投げる時には肩の力を抜き、体の“ひねり”を活かすことが大事になります。

「どこで投げれば良いの?」
と聞かれたら、全身と答えますが、あえて言うなら太ももと腰になるでしょうか。

円盤を持ったりリリースをしたりする場所は確かに手なのですが、その手は円盤に添えているだけ。肩から先の筋肉は程よくリラックスしているのが正しい円盤投げのフォームなのです。





2.円盤投げを手で投げている人が改善すべきポイント

円盤投げを手で投げていると言われる人は、フォームを改善することで円盤投げを上達させることが出来ます。

改善すべきポイントは、
1.肩から先に力を入れないようにする
2.上半身と下半身の間に”ひねり”があるかを確認する

の2点が重要になってきます。

1に関してはスタンディングスローの練習から肩から先の筋肉の力を抜いて投げるトレーニングをしましょう。

思ったよりも下半身の旋回と上半身の起こしがダイレクトに記録に反映されて驚くはずです。

2に関しては、リリース前の旋回をして正面を向く順番を確認します。正面を向く体の部位は『足→腰→肩→腕』の順になります。

円盤に引っ張られる力を感じながら左半身で右手を引きつけるようなイメージです。これも、肩から力が抜けることで、円盤が引っ張られる力の強さに驚くことになるでしょう。

円盤を手で投げている状態では、この力を利用することが出来ません。もったいないですよね。

是非とも改善して円盤投げを上達させていきましょう。


3.まとめ

円盤投げの投げ方を変えて慣れないうちは体幹をこんなに使うのか、とか太ももが辛いと感じてしまうかもしれません。ターンをしていてバランスが取りづらくなったと思うこともあるでしょう。

ですが、これも円盤投げ上達のために通らなければならない道です。体が慣れるまで何度も練習していきましょう。

腰に負担をかけていると感じる時は、少しフォームを見直す必要があります。『腰痛の予防法とケアについて | 円盤投げが上達する練習方法』にフォームの見直しについて書いてありますので、参考にしてください。