スタンディングスローで重心の移動やリリースが掴め、円盤投げが上達してきますと、次に行いたくなるのがターンです。

ターンをすることで円盤にはスタンディングスローよりも遥かに大きい遠心力がかかり、ぐんぐん記録を伸ばすことができます。

ですが、いきなりフルターンで臨むよりも、その半分のハーフターンを経てターンに慣れることをお薦めします。

それでは、ハーフターンとはどのような投法なのでしょうか。
ここではそのやり方とコツをお教えします。


1.ハーフターン投法のやり方

円盤投げのハーフターンのやり方は次の通りです。

1.円盤を飛ばしたい方向を向いて足を前後に開いて立つ。
2.前後に円盤を持った手と体を揺らしながら振りをつける。円盤を持った手の振りは、体の側面で最も高く、前後に行く時には低くなる。
3.利き手側で上半身を捻って円盤を後ろ側にひきつける。この時、利き手側の右足は深く沈めて上半身も少しねかせた状態にする。
4.重心を利き手側の足から反対側の足へと動かし、そのまま利き手側の足を浮かせて反対側の足を軸に回転をする。
5.一回転をして右足を地面につける。「タタン」のステップの「タ」の部分。スタンディングスローの投げ始めの姿勢になる。
6.スタンディングスローと同じようにリリースとリバースを行う。


2.ハーフターン投法のコツ

円盤投げのハーフターン投法のコツを、前述のハーフターンのやり方の補足する形でお話していきます。

1の時の足はスタンディングスローの時の歩幅で腰から上を正面に向かせる形になります。

4と5の時には、リズムよく回転をするように心がけます。入りの時の軸足は親指の付け根である拇子球を使うと回転しやすいです。ステップの「タ」の部分では円盤を持っている側の足の親指の付け根から中央くらいまでを地面につけ、「タン」のところで反対側の足の親指の付け根→中央→小指の付け根へとスムーズに体重移動を行います。




6のリリースの局面では、肩で投げないことや円盤を持っていない側の腕で円盤を持っている側の半身を引き寄せるイメージ、円盤を飛ばす手、飛んでいく円盤の角度など、スタンディングスローの時に気を付けていた部分がちゃんと出来ているか確認しましょう。

スタンディングスローではリバースの時にファールをしてしまうほどのふらつきはなかったのではないかと思いますが、ハーフターンの時からはリバースの難易度は上がってきます。スタンディングスローの時よりも円盤に力を乗せることが出来る分、体の回転を止める労力も必要になるからです。

ターンの間はつま先しか地面につけませんが、リバースの時には左足の側面や踵もつけて踏ん張り、回転を抑制するようにしましょう。

ターン全体としての体の角度は寝かしていたのを徐々に起こしていき、リリースの時には25度から30度くらいになるように心がけてください。

ハーフターンの肝としては、

・ターンをリズムよく行う。
・円盤に振り回されずに軸を作って回転を行う。
・重心移動を流れるようにスムーズに行う。

という3点が重要になってきます。

ハーフターンをはじめたての時は、ターンの時に軸が出来ておらずバランスを崩してしまうことがあります。最初はなるべくゆっくりと、一つ一つの動きを確認しながら行いましょう。


3.ハーフターン投法のやり方とコツのまとめ

ハーフターンで円盤投げが出来るようになりますと、スタンディングスローのときよりも円盤の飛距離が伸びて上達を感じられることでしょう。

もしも、スタンディングスローの方が円盤の飛距離が長いという場合は、ターンを活かせていない可能性があります。

特に多い要因は肩で投げている場合です。この場合は遠心力を十分に活かすことができませんので改善していきましょう。

ハーフターンでターンに慣れ、重心移動も出来てきましたら、フルターンの練習に移っていきましょう。

フルターンを練習している時でも、ハーフターンでの重心移動やリリースの形は大変重要になってきます。フルターンで投げられるようになってもこれらの確認のためにハーフターンを行っていきましょう。