円盤投げをするにあたって、一番はじめに練習するのが円盤の持ち方です。

円盤投げの持ち方には3種類の方法があります。

ここでは円盤の持ち方と円盤を正しい持ち方で持てているかの確認に有効な練習方法をお話ししたいと思います。


1.円盤の持ち方

円盤の持ち方には、次にあげるように指の離れ具合で3つの方法があります。

1.人差し指から小指にかけて、全ての指を均等に離した状態で持つ持ち方
2.人差し指と中指を引っ付けて、薬指と小指を離す持ち方(薬指と小指の幅は均等)
3.人差し指から薬指までを引っ付けて、小指を離す持ち方

円盤投げをはじめたばかりですと、ほとんどの方が1の持ち方の練習をするのではないでしょうか。手が小さい方でも比較的簡単に持つことが出来る持ち方です。

3の持ち方の選手もいますが、最も主流な持ち方は2の持ち方になります。

ここからは全ての持ち方に共通している方法になるのですが、円盤を持つときには、円盤を指の第一関節の真ん中あたりに引っ掛けるようにして持ちましょう。手のひらや親指は円盤を支えるようにします。

円盤は握るようにして持つのではなく、4本の指を添えるようにして持ち、それを手のひらでささえるという感覚になります。


2.円盤を正しく持つ練習

円盤投げをはじめてすぐの方ですと、円盤を引っ掛けて持つようにしてもすぐに手から落ちてしまいます。

これを改善するには、円盤を持つ時間を増やすしかありません。

足を肩幅よりやや広い位に広げて立ち、円盤を手に持って腕を伸ばして肩くらいの高さで左から右に振ってみましょう。右に円盤がつきましたら、左手で静止して円盤の落下を防いでください。




円盤をただ左右に振っているだけですが、円盤に肩が引っ張られるような感覚にはじめは驚くかもしれません。これが、円盤投げ選手がこれからずっと付き合っていく遠心力という力になります。

円盤が手に馴染み始めましたら、次は円盤を縦向き(幅が細い方)に転がしてみましょう。これはリリースの時の手の練習でボーリングと言います。

真っ直ぐに側面だけを使って転がるようでしたら円盤を上手く手放せているサインです。この手の形を維持することによって、円盤に回転がかかり安定して飛ぶようになります。

この手の形を忘れないように、円盤を空中に投げあげたりその場で横向きに投げてみたりしてリリースの感覚を掴む練習に移っていきます。


3.正しい円盤の持ち方のまとめ

円盤の持ち方は円盤投げにおける基礎中の基礎です。
もし円盤が正しく持てていなければ、円盤は回転をせずにフラフラと飛んでいくことになり、飛距離を得ることは出来ません。

正しく円盤を持てるようになるのが円盤投げの上達への第一歩なのです。

円盤の持ち方についてはすでにお話ししたように3つの方法がありますが、どれが一番優れているということはありません。

何度も練習していくうちに、定まってくると思いますので、地道に上達を目指していきましょう。

円盤投げが上達しても、少しブランクがあるだけで指のかかり方に違和感を覚えることがあります。

そんな時には、ボーリングなどの基礎練習を行って円盤の正しい持ち方を思い出すようにしましょう。