円盤投げも上達し、スタンディングスローが出来るようになってくると次に行うのはハーフターンの練習です。

ところが、いざハーフターンを回ってみると、勢いが付きすぎてリリースの後にふらついてしまう・・・。

そんな経験をした方も多いのではないでしょうか。

そんな時に重要になってくるのは、利き手でない側の足(左足)です。左足にはリリース後のリバースでしっかりと踏ん張ってバランスを保つ役割もありますが、円盤に体重を乗せる役割も担っています。

ここでは、そんな左足の上手な使い方についてお話ししたいと思います。


1.ターンやリリース、リバースの時の左足の役割とは

円盤投げにおけるターンの時の足は、基本的に指の付け根のつま先を使います。これは、地面についている面積が少なければ摩擦も小さくなり、ターンがしやすくなるからです。

ところが、そのままつま先に重心をかけたままリリースをし、リバースをしてみるとどうでしょうか。円盤の距離はあまり伸びず、体もバランスを崩して転んでしまったりサークルから出てしまったりするのではないでしょうか。

リリースの時には、左足はつま先だけではなく足全体を地面につけて踏ん張ることになります。これは先程述べました摩擦を使って回転力を相殺するためです。

この左足には、もう一つ役割があります。

リリース時の体重移動は、『右足→左足の親指側→中央部→小指側から踵にかけて』という風に変わっていきます。流れるように体重移動をすることで、円盤に自身の体重を乗せられるので、飛距離を伸ばすことが出来るのです。





2.ターンやリリース、リバースの時の左足の上手な使い方

円盤投げの時の左足が重要な役割を持っていることはご理解いただけたのではないかと思います。
それでは具体的にどのような左足の使い方をすればよいのかを見ていきます。


1.ターンの時の左足

ターンは、足のつま先を使って回っていきます。

左足を使うのは、ターンの踏切の時になりますが、この時に親指の付け根(拇子球)に全体重をかけて回ります。

初動の速さも円盤投げには重要になってきますが、拇子球を使って回転した場合は回転がしやすくなりますし、バランスもとりやすいです。

ターンの間は、右足も左足もなるべく拇子球でステップを踏むようにしましょう。


2.リリースとリバースの時の左足

リリース時には、前述のとおり『右足→左足の親指側→中央部→小指側から踵にかけて』という風に体重移動を行います。

ここで重要なのは体重移動をスムーズに行うことです。

この体重移動を流れるように行えなかった場合は、円盤に遠心力を上手く伝えられなかったりバランスを崩しやすくなったりしてしまいます。

円盤のリリース後には小指の付け根側から踵にかけての部分も地面についている状態になります。

指に力を入れて踏ん張り、回転を抑止するようにしましょう。


3.左足の使い方のまとめ

左足を上手に使えるようになると、リリースやリバースが安定してきますので、円盤はさらに飛距離を伸ばし、上達していくことでしょう。

リリース後のブロックについては左足と同時に左腕をぐっと縮めることも大事になってきます。

それぞれの動きをスムーズに、連動して行えるようトレーニングをしていきましょう。