スタンディングスローやハーフターン、フルターンと全ての投法に通じて言える円盤投げの重要なテーマの一つが『振り切り』です。

円盤投げの振り切りをマスターして更なる円盤投げの上達を図っていきましょう。


1.振り切りの重要性

少し円盤投げから離れますが、野球のピッチャーを想像してみてください。ピッチャーは振りかぶって投げた後、腕をどうしているでしょうか。

ほとんどの選手は投げ終わった後には腕はそのまま力を抜いた格好で振り切られ、利き手とは反対側の太ももから脇腹位に下ろされています。これは、投げた後に途中で止めようとすると無駄に投球を抑える力が入ってしまうためです。

このことは円盤投げでも同じです。

円盤投げでもリリースの後に腕を止めようと思うと力が入り、上手く投げることが出来ません。

円盤投げにおいても、腕の力を抜き自然に振り切ることで、円盤に乗っている推進力を活かすことが出来るのです。

もう一つ、振り切りの時に重要なことがあります。それが円盤を持っていない方の手足の使い方です。

この手足を上手く使えるようになりますと、円盤に捻りの力や体重分の加速度といった力が加わりますので記録を十分に伸ばすことが出来ます。


2.振り切りの方法

右手で投げる場合の振り切りでは、右手は力を入れずに伸ばした状態で自然に円盤を手から離して振り切るようにします。

そのまま振り切ることができますと、リバースの時には左側の太ももから脇腹にかけての位置にバシンと当たることになります。

そして、円盤を持っている手と同時に振り切りで重要になってくるのは円板を持っていない側の手足の使い方です。

ターンの間は伸びている左腕ですが、リリース時にはぐっと縮め、体の軸を使って一気に右手を引き寄せるようにします。上半身と下半身の捻りを正しながら右腕を引き寄せるようなイメージですね。




体の筋肉は繋がっていますので、左腕で勢いをつけることで右腕のスピードも増し、円盤投げの飛距離を決定するとまで言われている投擲初速度を上げることが出来るのです。

左足はこの左手の動きより少し前くらいから右足から左足へと体重移動をしながら回っていますので、上手く振り切りが出来ますと自身の体重の分の加速度や上半身と下半身の捻りの力で更に円盤を遠くへ飛ばせるようになります。

振り切りについて練習をするには、まずはスタンディングスローで上手く出来るように意識しながら行うのが良いでしょう。

スタンディングスローで出来るようになりましたら、ハーフターンやフルターンでも同じことが出来るようにターン練習をしてから実践的に投げていきましょう。


3.飛距離をアップさせる振り切りの極意のまとめ

円盤投げをする時には、どこの場面でどの筋肉に力を入れるか、どこの場面でどの筋肉の力を抜くかということも重要です。

それが顕著に出るのがリリースの局面です。

円盤を持っていない左手で右手を勢いよく引きつけることで円盤の加速度をプラスさせることが出来ます。そして右手は程よく力を抜き、自然に振り切るという形になります。

中々注目されづらい円盤を持っていない側の手と足ですが、円盤投げの振り切りを語る上ではなくてはならない重要なキーワードとなります。

スタンディングスローでは飛距離のほとんどが振り切りで決まってくると言っても過言ではありません。
ハーフターンやフルターンでも振り切りは大変重要ですので、しっかりと練習してマスターできるように頑張りましょう。

リリース後の振り切りの良し悪しで、円盤の飛距離は全く違ってきます。比較的円盤投げの上達を感じやすい部分の練習になりますので、楽しく練習を行っていきましょう。