円盤投げの双璧とも言えるのがターンのスピードと重心移動です。

重心移動が出来ていてターンのスピードもある程度速く回れていれば、大会で記録なしになることはないと思います。

円盤投げの上達には欠かせない重心移動ですが、この重心移動が出来ているかの確認には足のつま先を意識してみると良いでしょう。

また、足のつま先にはターンの回転やリリースの時のブロックの役割もあります。

ここでは、そんな目立たないけど重要なつま先の使い方についてお話ししたいと思います。


1.円盤投げでつま先を使う理由

まず、はじめに述べておきたいのは、ステップはほとんどつま先で行なうという点です。

仮にペタペタと足をついて回る場合を考えてみましょう。

足が地面と接する面積が増えれば、それだけ地面との摩擦によって回転スピードが落ちてしまいます。それに、力も入りづらく軸も安定させにくく回りづらくなってしまいます。

ですから、ステップは基本的につま先で回る形になります。

そして、リリースの後だけはブロックをするために足の外側の広い部分を使用します。

それは先程述べた地面との摩擦を利用するためです。


2.円盤投げのターンでのつま先の動き

では、実際のターンでは足のつま先はどのように動いているのでしょうか。

右利きの選手の場合の円盤投げのターンをつま先に注目して見てみます。

最初の振りを付ける動作では、円盤が一番左の高い位置にあるときには左足の小指と右足の親指の付け根(拇子球)が地についた状態にあり、一番右の低い位置にあるときには左足の拇子球と右足の小指に体重が乗っている状態になります。振り子のように右から左に体重が移動するのを感じてください。




次にターンの初動作の踏み切り(タンタタンのタンの部分)では、右足は小指から拇子球の順に勢いよく体重移動して地面から離れ、それと同時に左足の拇子球を中心に体重をかけて回ります。

次に右足をつくとき(タンタタンのタの部分)ですが、この時はほとんど全ての体重が拇子球にかかっている状態になります。イメージとしては最後のリリース時の左足のステップ(タンタタンのタンの部分)に向けて右足は拇子球で着地して拇子球のやや外側に体重を乗せていく形になります。

そして、最後の左足のステップ(タンタタンのタンの部分)は左足の拇子球で着地し、左足の小指側へと体重を移動させ、リリースの瞬間には左足の外側全体を使ってブロックをする形になります。

拇子球で回るのは、回転の軸が安定させやすいこととターンのスピードが出しやすいということの2点の理由があります。

ですが、遠心力を得るためには、出来るだけ軸からの距離を取らなければならないので、徐々に重心を足の外側に向けていきます。


3.円盤投げで重要なつま先の使い方のまとめ

軸をきちんと作り、つま先を正しく使えていれば自ずと体重移動は出来てきます。

つま先がちゃんと使えているかどうかは、ターン練習や実戦で確かめましょう。もしもきちんとつかえていないと思った時にはターンの速度を落として確認をしてください。

特に、リリース時の右足から左足の動きは大変重要です。
この動きが出来ないうちは、ターンのスピードを上げてもサークルから出てしまいファールになってしまったりバランスを崩して転倒してしまったりということが起きてしまいます。

円盤投げにおいて、つま先の使い方は目立たないけれど大切な技術なのです。s意識して練習をし、円盤投げの上達に役立ててください。