陸上競技大会に出場することで、円盤がどれくらい上達したのかが公式に記録されます。

そうなると、日々の練習に熱が入る方やソワソワ落ち着かなくなる方もいるかもしれません。

ですが、焦りは禁物です。

まずは大会の前に円盤投げ選手が気を付けておきたいポイントを確認してみましょう。


1.コンディションのチェック

結果を出すためには、まず自分自身の状態を知ることが重要になります。


1.道具のチェック

円盤投げ選手が大会の時に持っていく道具は次の通りです。

・円盤(既定のもの)
・円盤投げ用のシューズ
・トレーニングシューズ
・ターン確認用のタオル
・アップ用・ターン確認用のメディシンボールとメディシンボールホルダー
・ユニフォーム

円盤投げ用のシューズは、トレーニングシューズよりもずっと滑りやすく、踏ん張りが効くのが特徴です。

もし持っていない場合は、この機会に購入してみても良いかと思います。円盤投げ用のシューズを購入される際には『自分にピッタリ合った円盤投げのシューズの選び方』をご参考にしてみてください。

ですが、大会当日にぶっつけ本番で履くのは避けた方が良いと思います。サークル内では本当によく滑ってしまいますので、ターンの感覚がおかしいと感じてしまったり、バランスを崩して転倒してしまったりする恐れがあるからです。

円盤投げ用のシューズを新しく購入される方は最低でも大会の数日前には用意し、実際に履いて練習を行いましょう。


2.自分のコンディションのチェック

自分自身のコンディションをチェックしておきましょう。

痛みのある個所はありませんか。痛みがある場合はテーピングやサポーターなどをして、少し練習を控えめに設定することをお薦めします。

また、円盤投げのトレーニングをしすぎて腰痛や腱鞘炎になってしまうというケースもありますので、大会前には怪我の予防のためのテーピングをすることもお薦めします。

関節や筋肉を休ませてあげることも、大会でベストなコンディションにするためには重要です。

テーピングの方法につきましては『テーピングの巻き方 | 円盤投げが上達する練習方法』をご覧ください。


3.大会当日のコンディションのチェック

大会が近付いてきましたら、大会当日のコンディションをチェックしましょう。

もしも予報が雨になっていたら、タオルを余分に用意しておきましょう。




雨で円盤が濡れてしまいますと、円盤が手にかかりにくく、滑りやすいです。ですので、実力がある選手でもファールをとってしまうということが良くあります。

その対処法としては、”円盤をとにかく拭く”ということしかありません。投擲の前後に円盤の水気を取るように拭いてあげ、競技場内の移動中もタオルにくるみ、大事に抱えて歩きましょう。


2.ルールの確認


1.円盤の重さのチェック

トレーニングを積んできた円盤投げ選手にとっては今さらな感じもするかと思いますが、
規定の円盤の重さを確認しておきましょう。

・中学女子~一般女子:1kg
・中学男子:1.5kg
・高校男子:1.75kg
・一般男子:2kg

こちらの重さは、大会の競技前に呼び出しをされて毎回しっかりと審査されることになります。


2.競技の流れのチェック

実際の競技の流れは次の通りになります。

大会では、エントリーしている円盤投げ選手の数が8名以上の場合、予選としてまず3回の投擲を行います。

その結果、最も飛距離が長かった選手から順に上位8位までの選手で決勝を行います。

そうして決勝として3回投擲を行い、上位6位までが更に上の大会に出場することになります。

決勝での記録は6回の投擲を合わせたものの中で最も記録が良かったもので競われることになります。


3.ファールや公式記録なしのチェック

せっかく遠くに投げてもファールになってしまうと、記録はされません。ここで改めて円盤投げのルールを確認して練習をしておきましょう。

試合中のルールにつきましては『有効試技と無効試技(ファール)について | 円盤投げのルール』にまとめていますので、確認してみてください。

また、大会ごとに公式記録を測る最低のラインと言うものが決まっています(20m、25mなど)。もしもこのラインを超えることが出来なければ、どんなに円盤投げが上達していても測定されず、”大会記録なし”となってしまいますので、十分に留意するようにしましょう。

公式記録を測る最低のラインにつきましては大会の募集要項などに記載されているかと思います。


3.まとめ

はじめての陸上競技大会という円盤投げ選手にとっては、こんなにも確認事項が多いのかと驚くかもしれません。

ですが、大会当日に自分の力をフルに出すためには不安要素は消しておきたいものです。

大会の前にしっかり準備しておけば、大会当日はただ自分の円盤投げの上達ぶりにワクワクした気持ちで臨むことが出来、良い結果をもたらすことが出来るでしょう。