初心者のための砲丸投げのパワーポジションが上達する練習方法について記述します。


1.砲丸投げのパワーポジションとは?

砲丸投げのパワーポジションの要素は下記のようなものです。

立ち投げの構え

グライドと投げを結ぶ姿勢(ポジション)

地面半力を受ける最も重要な場面

記録を左右するポイント

最も重視したい技術


2.作る手順の説明

砲丸を右手に乗せ、腕を真っすぐ伸ばし頭上に上げます。

両足を軽くガニ股にして肩幅位に開きます。

左足を軽く浮かし、右踵(踝)の上に砲丸をしっかりと乗せます。

これは、右踵(踝)の上に右膝、右膝の上に右腰、右腰の上に右肩、右肩の上に砲丸があり、地面に対し右軸が垂直に立てます。

『右柱を立てるのです』砲丸投げの上達への近道となります。

砲丸を右耳下にセットします。左腕を伸ばして頭上に上げます(左肘が左耳の横に位置して、肘先は脱力)。

右膝を軽く曲げて重心を下げ、右腰を軸に上体を右側に90度捻じます。

ここでは、背中を軽く猫背にして椅子に座るように腰を下ろします。

猫背のままお辞儀をするように上体を倒します。

すなわち、右踵(踝)-右膝-右肩-砲丸までの右柱を崩さないのです。

また、右腰前(足の付け根)にテニスボールを挟むようにして、左足を後方に引き、軽く左側に開きます(股関節を開く)。

つまり、右踵の延長線上に左足つま先が位置するように開きます。


3.パワーポジションの作り方(スタンディング・広背筋を意識して)

パワーポジションでは、先ず両足ジャンプで一番高く跳べる位置を確認します。




右手は投擲方向です。そこから右手を引いて構えます。構えから突き出します。突き出したあと止めます。

グライドしてきて、パワーポジションに入る際に、しっかり地面からの反発をもいます。

目線をギリギリまで左足と右足を結んだ延長線上をみます。

左手で砲丸を投げる角度のリードをしっかりします (目線を残した状態で)。

肘が下がらないようにします。 肘が下がるとしっかり押せないのです。

→腕立てのときに手を「ハ」の字にするのと、「逆ハ」の字でやって比べてみるとわかります。

腰をしっかり入れます (砲丸を投げ終わったときに腰が正面を向いているようにします)。

腰を入れる過程で右足から左足に重心移動するのです(腰を右足の上から、左足の上に持ってくる)。

上半身の回転軸は、左側です。上半身が突っ込まないようにします{リリースする瞬間は重心(腰の上に)頭があるように}。

おでこ(顔)の前で押します。腕が伸び切って、リリースする瞬間しっかりはじきます。

→砲丸を最後まで押せば自然とできます。

そしてリバース動作となります。これらを意識することです。

鍛える筋肉の部位は、腹筋、側筋(クロス腹筋)、三角筋&胸筋(ベンチプレス)、大腿四頭筋(スクワット)、首(腹筋をやり込め)です。

そして、体重を重くして、グライドのスピード(右足の引き込み)を早くして、リラックスして投げることです。左手のリード&ブロックを強化します。

砲丸投げの初心者は、とにかく体力を徐々につけながら、パワーポジションをやってください。そうすれば必ず上達します。