初心者のための砲丸投げリバースが上達する練習方法について記述します。


1.記録を伸ばすリバースとは?

リバースとは、砲丸を投げた後の制御動作のことです。上達するための一つのポイントです。

グライドして、パワーポジションに入る際に、しっかり地面からの反発をもらう(基本はスキップと同じ)。

目線をギリギリまで左足と右足を結んだ延長線上をみます。

左手で砲丸を投げる角度のリードで目線を残した状態でしっかりします。

肘が下がらないようにします(肘が下がるとしっかり押せない。 チェストパスの要領です)。

→腕立てのときに手を「ハ」の字にするのと、「逆ハ」の字でやって比べてみるとわかります。

砲丸を投げ終わったときに腰が正面を向いているように、腰をしっかり入れます。

腰を入れる過程で右足から左足に重心移動します(腰を右足の上から、左足の上に持ってきます)。

上半身の回転軸は、左側です(背骨を軸に回すとスピードは速いのですが、押す距離が短いため意味がありません)。

上半身が突っ込まないことです(リリースする瞬間は重心(腰の上に)頭があるようにします)。

→練習の時の話で、リバースをすると話は変わってきます。

おでこの前で押します。腕が伸び切って、リリースする瞬間しっかりはじきます。

→砲丸を最後まで押せば自然とできます。




そして、リバース動作をします。鍛える筋肉の部位は、腹筋、側筋(クロス腹筋)、三角筋&胸筋(ベンチプレス)、大腿四頭筋(スクワット)、首(腹筋をやり込めます)です。

体重を重くして、グライドのスピード(右足の引き込み)を早くして、リラックスして投げるます。

左手のリード&ブロックを強化すれば、結果は変わってきます。


2.グライドの方法は?

砲丸投げのグライド投法は,大きく分けてグライド,投げ,リバースの3つの動作局面から成り立っています。

リバースにはどのような基本技術があるか考えてみます。

投げは,身体を前方へと進め,ファールを引き起こす要因となります。

そのため,ファールを防止(身体制動)するには,砲丸を突き出した後,左右脚を踏み替えながら,続く片足(右足)着地を行うための先取り(着地先取り技術)が意図されていなければないのです。

しかし,着地の先取りだけでは,バランスのとれた安定した着地を行うことは難しく,そこには,右脚関節の屈曲による衝撃の緩和と左半身上下肢挙上による着地のバランス保持(着地バランス保持技術)を行うことが必要となります。

この2つが,リバースにおける基本の技術構造です。砲丸投げの初心者は特に、体力を徐々につけながら、リバースを習得してください。そうすれば必ず上達します。