初心者のための砲丸投げが上達する基礎トレーニングについて記述します。


1.砲丸投げの基礎


1.先ずはよく考えます

「投擲物にいかに力を伝えるか?」を常に考え、そのため基礎となるトレーニングと技術練習をします。

全身の力、「まずは大きな部位の筋肉」を使い、「小さな部位の筋肉」も使うことを覚えます。

パワーとスピード、身体のひねり、身体の重心移動を活かします。


2.バランスよく基礎体力を培います

砲丸投げにとらわれず、他の投擲物を投げたり、他種目に挑戦したりします。

陸上競技の楽しさを知るとともに基礎体力をバランスよく高めます。

このような基礎が砲丸投げの上達への近道なのです。


3.突き出す(押し出す)イメージをもつ

砲丸投は「投げる」のではなく、突き出す(押し出す)イメージをもちます。 * 英語表記は、Shot put(突き出す、押し出す)です。


4.砲丸の持ち方

握り方
・砲丸の中心が中指の付け根にくるように持ちます。

・人差指と小指で砲丸をはさみ、親指・中指・薬指を添えます。




・砲丸が手より大きい、または重量のある場合、人差指から小指の間隔を狭くし指への負担を軽減します。

保持の仕方【右利きの例】
・右顎または首付近に、砲丸をつけます。

・重量のある砲丸は首に付けた方が安定します(首の後ろまで持っていくと、押し出す時、邪魔になります)。
(競技規則 第188 条1 砲丸投)『顎または首につけるか、あるいはまさに触れようとする状態に保持』)


5.立ち投げ(パワーポジション)の構え方【右投げの例】

投てき方向に直線を引きます。右足のかかと、左足のつま先を直線に合わせ、「ハの字」に開きます。

右膝を曲げながら、右足(母指球)に体重を乗せます。 90°右方向に上体をひねります。

「砲丸 → 右膝 → 右足つま先」が一直線になるようにします。

左手は、腕時計を見るように曲げ、視線は2~3m前方を見ます(バランスを崩さないように、軸をしっかりさせます)。

砲丸を持つ右手は、肘を肩の高さまで上げます(重く感じる時は、下げても良い)。

砲丸投げの初心者は特に、基礎を徐々に身につけながら、上達してください。