初心者のための「砲丸投げ」が上達する立ち投げのやり方について記述します。


1.記録を伸ばす立ち投げとは?

立ち投げとグライドで30cmほどしか伸びてないところからすると、グライドに問題があると思います。

また、軽い砲丸はスピードが必要になってきます。悪い典型的な例は、パワーポジションが出来ず体が開いてしまっていることです。

走力も、跳躍力も必要です。ベンチプレスも欲しいところです。

クリーンやスクワットといった大きい筋肉を鍛えながら、砲丸投げの技術面を磨いていくといいです。


2.砲丸投げとは?

立ち投げでは砲丸を押し出すイメージをして下さい。 砲丸なしでも、練習するといいです。

投げ方のコツ【右利きの場合】
・左手をリラックスさせて、自分のリズムでふります(リズムを体で作る) 。

・リズムよくグライドをします。

・後ろに足を引く時は、地面に足をまっすぐ下ろします(スピード意識) 。

・勢いよく後ろに引き、なお精一杯後ろに下がります。

・左足は、引いた後右足より右側にあることです

練習は砲丸や、メディシン使わずに ホーム練習するといいです。特にまっすぐ線があることをお勧めします。




まっすぐグライドが出来るととてもいいです。徐々にスピードをつけるとなおいいです。


3.「パワーポジションがとれていない」

立ち投げのパワーポジションの時に、左手先は、腕時計を見るように左肩よりも後方に位置させます。

こうして、投げの構えの姿勢における肩の開きが抑えられ、投げ動作の際の肩の回転に伴う加速が十分になります。

また、右踵から投擲方向への線上に左つま先が位置することが腰の回転に不可欠で、腰の開きが可能な姿勢をつくります。

なおこの時、左足の位置が投擲方向に向かって右側にある場合、腰(骨盤)の回転が著しく制限されてしまいます。

このような理由から、この条件を同時に満たすことが、投げ方向への「ため」を生み、力強い投げに繋がります。

次に「砲丸を前方に鋭く突き出していない」ということに関して、前述の「ため」ができた状態で、右脚の力強い蹴りだしにより投げ方向へ右腰が出ていくのです。

これにより、突き出していく局面で、骨盤と肩の間にある筋肉(体幹・大胸筋)に大きな張力が生まれ、全身がしなった弓のようになり、鋭い突き出しに至ります。

砲丸投げの初心者は特に、「ため」に十分注意しながら、パワー増強してください。ためができれば必ず上達します。